image_001

チョークアートはもともとイギリスのパブから始まった黒板に絵を描く文化がオーストラリアに渡りオーストラリア人によってポップでカラフルなイラストを描いたものがチョークアート看板といわれています。

チョークアートは主にオイルパステルを使用して描きます。
黒板にオイルパステルをのせ、筆などいっさい使わず、すべて自分の指を使って描いていきます。黒板の上で指を使い、色と色を混ぜ合わすことによってチョークアート独特の存在感と暖かさを表すことが出来ます。

美しい発色とアイキャッチの高さから、レストランやカフェの看板、メニューボードなどに使われますが、最近では結婚式のウエルカムボード、インテリアの飾り、贈りのもとしても大変人気があります。

表面には特殊な加工を施していますので、描いた部分は指で触れても雨に濡れても消えることはありません。また、絵が描かれていない部分にはチョークで描いたり消したりすることができ、黒板として使用することができます。